悲しくて嫌な出来事

今日も子猫の里親さん探しのチラシ掲示をお願いに、動物病院とスーパーに
行きました。

途中で電話が鳴り、里親さん希望の方?と思ったら
猫たちの溜まり場のお向かいのお店のお母さんでした。
この方は数少ない理解者のひとりです。

「子猫が、子猫が・・・」と言っているので
まだいましたかっ?と聞くと
「死んでるの。白黒の子猫・・・」

黒猫を最後に保護し、最初の保護から最後の保護まで
白黒の子猫はいなかったはず。
おかしいのです。
絶対にいなかったはずなのに、そこで子猫が亡くなっているって
どういうことだろう?

どうやら車にはねられてしまった様子らしくて
「どうする?保健所に電話したけど、いちおうあなたに連絡してみた」
迷いました。いなかったはずの子猫だから、戸惑いました。
でもいたのかもしれない。
考えられないけど、いたのだとしたら
その子を救うことができなかったということです。

だから縁のあった子猫ちゃんだから、私が葬ることにしました。

お迎えに行くと、きちんと箱に入れてお花とごはんも備えて
くださっていました。
ありがたいことです。

助けられなかったことを詫びながら、葬りました。

わからないけど、そこで子猫が1匹亡くなったことは事実。
本当にがっくりです。

どうしてだろ?わからないな。
いなかったはずなのに。

そこにいることを知っていて、そこなら拾ってもらえるらしいと
噂に聞いて、捨てに来たバカ野郎がいたのかもしれません。

そう考えると、私がしていることは正しくないのだろうか、
これから先も、こうして新しい猫が増える可能性もあるのだろうか?

これではずっと終わりません。
不幸な猫が増えることは変わりません。

月齢は助さんと同じくらいにも見えるし、白黒ファミリーなので
毛色は合っています。
でも少し大きいような気もします。

誰がやったか、それも大きな問題だけど
あの子だけが命をなくしてしまったことが悔やまれてなりません。

私はよく他人に言います。
いやなことがあっても取り戻せないのだから、くよくよせずに
忘れたほうがいいよ、と。
これが長い時間をかけて身に付けたストレス解消法。
何でも忘れて呑気にしているわけにもいかないけど。

うめぽん・ぷぅたん・たばちゃんを見送ってからも
忘れるわけではなく、いつまでも悲しんでいても
戻っては来ないのだから、あとは思い出を大切にしようと
思ってきました。

時間が解決することはたくさんあります。
でも今日はものすごく不安でいやな日となってしまったのでした。

でもこの後味の悪さ。
この子の分も、8匹の子猫たちをしあわせにしてあげよう。
そう思うしかありません。
by tabith | 2012-07-12 22:17 | ねこ


ゴールデンレトリバーのタバサが語る日々の出来事


by ちよぽん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
いぬ
ねこ
いぬねこ
たばうぬ
モコスティ
ウマウマ
がんばれ!
旅行
日常あれこれ
あねおとうと
うめぽん
ぷぅたん
鹿と熊
ありがとう
たくらみ
タバネットニュース
おとこ教室
時代劇もどき
男前
里親さん募集
お願い
パメラ
クマとカンガルー
アントニオとボニータ
カワイイ
夫婦温泉旅情

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

R&M
毛むくじゃらとの日常
蓮っ葉日記
にゃんちんと一緒
Retrievers O...
Rie's diary
食卓の風・・・
Felice(フェリーチ...
ラナばせ向上委員会
さくらの徒然なるままに
ゴーゴー&ミックにゃんと暮らす
わんこのくらし3 ふう...
僕の*怜姉ちゃん**
ロモビ~父ちゃんのPho...
-モコスは語る-
ねえ、お散歩に行こうよ!
可愛くてナンボ!
晴れノーマ 時々にゃんこ隊
お宮のしろちゃん
なのねこ夢気分
☆動物たちのためのキャン...
愛LOVEフィリー
あさとよる
子猫しあわせ里親さん募集

たばさのお気に入り



タバサは語る


いつでも里親募集中

ブログジャンル

犬
猫

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項