ご協力ありがとうございます

このたびは、わたくしたち飼い主が想像もしなかったほど、多くの方からのうめぽんの供血へのご理解とご協力をいただき、心から感謝しております。

昨日タバサとブルースがクロスマッチ検査で適合することがわかったのですが、はるばる駆けつけてくれたオハナちゃんも適合することがわかったため、ブルースは緊急時に備えて待機することになりました。

一昨日は状態が悪くなったため、動物病院で緊急に中型わんちゃんから200ccの血液をもらって輸血してただきましたが、昨日の朝会いに行ったときには、顔をこちらへ向けることが精一杯の様子でした。
血液検査の結果、非常に良い健康状態であるオハナちゃんとタバサから400ccの血液をもらい、昨夜から今日にかけて、タバサの血液がゆっくり輸血されました。
昨夜9時半頃に会ったうめぽんは、しっかりこちらを見て、立ち上がろうとがんばってくれました。朝とは明らかに違う良い状態でした。

今朝のうめぽんです。
e0072606_18544716.jpg



目の輝きが前日と違います。
おめめがキラキラしてきました。









e0072606_18553392.jpg


ここから出たいと騒いでいます。

声はかすれていますが、元気にワンワン吠えています。









e0072606_18562617.jpg


夜間は輸血ができないそうなので、昨夜に引き続き、タバサの血が輸血されていました。











e0072606_1857142.jpg


たくさんの方々がうめぽんを応援してくれていることをしっかり伝えました。

子犬のような目でこちらを見ています。








e0072606_18581176.jpg


もっともっと元気になるとわたくしたちに、そして応援してくださっているみなさまへ訴えていたに違いありません。










e0072606_18594641.jpg

貧相なからだながらも血液を(無理やり)提供してくれたたばうぬさん。
今日はレバー入りのスペシャルディナーでした。

昨日は少し気持ちが落ち込んでいたため、オハナちゃんの写真はありませんが、お水もごはんも我慢して大切な血液をたくさん提供していただきました。
otatsuさんのお里帰りの予定を急遽変更して来てくださって、本当に嬉しかったです。
供血の後、我が家へ来たオハナちゃんは、喉が渇いてお水を求め、台所や洗面所をぐるぐる周回。我が家の水周りをしっかり把握しているのでした。
我慢できなかったオハナちゃんは、おトイレのタンクの水を飲み始めたため、あまりにかわいそうでお水解禁となりました。

e0072606_1945118.jpg
まだこどものブルースですが、体重も30キロ弱と体格が良いため、オハナちゃんのおかげで、大切な家族のためにいつでも供血できるように待機することになりました。









供血のお申し出をたくさん頂戴しました。
毎度涙もろいわたくしは、みなさまからのあたたかなお申し出に朝から涙でした。
今までお付き合いのなかった方からの供血への協力のお申し出、呼びかけへのご協力をいただき、うめぽんもわたくしたち飼い主も、何てしあわせなのだろうと感じています。

連絡先を教えてくださった方にはこれから連絡をさせていただきます。
ご理解・ご協力いただける方には、今後に備えて待機していただくようにお願いしたいと思います。

動物病院からの供血についての、お話しをまとめておきます。

・まずクロスマッチテストを行うため、少量の採血をさせていただきます。これは「血液型」が同じとか合うということではなく、その時のうめぽんの状態に合うか否かというテストです。

・クロスマッチテストの結果は1時間~1時間半ほどでわかります。適合した場合は、再度病院へお越しいただき、健康状態の良いわんちゃんから、血液は400ccいただきます。
この時に、血液を詳しく調べるので、わんちゃんの健康状態もわかります。
先生が詳しく説明をしてくれ、結果を資料として渡してくれます。
(オハナちゃんにはおやつのサービスが・・・・)

・実際に血液をいただく場合、脚ではなく首の血管からいただくそうです。
ですので、沈静のための軽い麻酔をさせていただきます。
また、場合によっては少し毛を刈らせていただくこともあります。
麻酔に関しては、不安に思われる方もいらっしゃると思います。
時間はそれほどかかりませんので、軽いものだということですが、この点をご理解いただける飼い主様のわんちゃんにお願いすることになります。

・麻酔から完全に醒めて元気になったら帰宅です。
最初は6時間ほど安静の後と聞いていましたが、たばうぬとオハナちゃんはお預けしてから3時間しないうちに帰宅できました。

・血液の冷蔵や冷凍はどうですか、とのご質問をいただくので、聞いてみたところ、2~3日なら不可能ではありませんが、やはり新しいものがいばんいいことと、その時のうめぽんの状態に左右されるため、やはり当日に提供していただくのが最良の方法なのだそうです。
あらかじめクロスマッチだけしていただいて、緊急時に備えて待機していただく方法も考えましたが、何度も病院へ足を運んでいただくことがわんちゃんの精神的な負担にもなるため、当日に両方を済ませていただくほうがよいとのことでした。
提供いただいた血液によって、常にうめぽんの免疫系統には変化が起こるのだそうです。
その時の状態に合わせてご提供いただくのがいちばん良いそうです。

・動物病院は「葉山どうぶつ病院」です。
神奈川県三浦郡葉山町堀内 639
TEL:046-875-1199

今朝の検査結果では、貧血の値が「24」まで上がりました。
歩いておトイレに行き、ウ○チは少々軟便だそうです。
ごはんはあまり食べられないので、色々品を変えて与えてくれています。
正常値が40以上とのことですので、まだまだ貧血ではありますが、おかげさまで危機を脱することができたようです。
まだまだこれから一昨日のような状態になることが予想されます。
数値が「15」を切ったら輸血ということになりますので、万が一に備えて、ご協力いただけると嬉しいです。
みなさまお仕事の都合もありますので、週末を利用してご協力いただけるように、動物病院の先生にもお話ししてあります。

うめぽんのためにご協力いただけることは、わたくしたちにとって、本当に嬉しく、しあわせなことですが、供血していただく飼い主様とわんちゃんには大きな負担を掛けてしまうことです。
それが心苦しいのですが、このような条件でもご協力いただけるようでしたら、ぜひお願いしたいと思います。

このような苦しい状況ですが、インターネットのすごさと、同じ犬を愛する方々の心のあたたかさを噛みしめております。
たくさんのご協力をいただいたことへの感謝はどう表せばよいかわからないほどです。
奇跡を起こして元気になったうめぽんの姿をみなさまにお見せすることができたら、それがいちばんのお礼かもしれませんね。
そうなるようにうめぽん自身にがんばってもらい、飼い主も弱音を吐かぬようがんばりたいと思います。

本当にありがとうございました。
うめぽんの病気との闘いはまだまだ続きますが、これからもうめぽんを応援してください。
みなさまのわんちゃんに何かあったときには、若いタバサとブルースと共にぜひ協力させていただきたいと思います。
by tabith | 2006-08-15 19:45 | いぬ


ゴールデンレトリバーのタバサが語る日々の出来事


by ちよぽん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
いぬ
ねこ
いぬねこ
たばうぬ
モコスティ
ウマウマ
がんばれ!
旅行
日常あれこれ
あねおとうと
うめぽん
ぷぅたん
鹿と熊
ありがとう
たくらみ
タバネットニュース
おとこ教室
時代劇もどき
男前
里親さん募集
お願い
パメラ
クマとカンガルー
アントニオとボニータ
カワイイ
夫婦温泉旅情

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

R&M
毛むくじゃらとの日常
蓮っ葉日記
にゃんちんと一緒
Retrievers O...
Rie's diary
食卓の風・・・
Felice(フェリーチ...
ラナばせ向上委員会
さくらの徒然なるままに
ゴーゴー&ミックにゃんと暮らす
わんこのくらし そらの妹...
僕の*怜姉ちゃん**
ロモビ~父のPhoto日記
-モコスは語る-
ねえ、お散歩に行こうよ!
可愛くてナンボ!
晴れノーマ 時々にゃんこ隊
お宮のしろちゃん
なのねこ夢気分
☆動物たちのためのキャン...
愛LOVEフィリー
あさとよる
子猫しあわせ里親さん募集

たばさのお気に入り



タバサは語る


いつでも里親募集中

ブログジャンル

犬
猫

画像一覧


もっと見る
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項